革バンドのお手入れ

–¼Ì–¢Ý’è-2

 

 

太陽光で発電する時計の場合、充電不足や充電切れが起こることはありますが基本的に電池を変える必要がありません。

 

かと言って全く変える必要がないというわけではなく、電池の劣化により充電切れの頻度が上がっていくようになるのでその場合は内臓の太陽電池を交換する必要があります。

 

そういった訳で一般的な時計よりも機械部分の手入れというのは簡単となっています。

 

ですがバンド部分は他の時計と違いがあるわけではなく、革バンドの手入れは必要となってきます。
革バンドの手入れの方法は、一般的な革製品と変わりませんが手首にまくという性質上夏場などは手汗がつきやすく、その汗が革の大敵となっています。

 

なので、夏場や汗かきな方の場合、外すたびに手汗を拭く事心がけましょう。
 

また長期使わない場合、乾燥させると革にひびが入りますし加湿し過ぎるとカビが生えてしまいます。なので、専用の油を塗り適度な湿気がある場所に保管するようにしましょう。
 

革製品全般にいえることですが、一回劣化させてしまうとその後の手直しでそれなりには状態が回復しますが、完璧に回復すると言う事はありません。
なので、劣化しにくい金属バンドに比べて革バンドというのはしっかりと手入れをする必要があります。

コメントは受け付けていません。