充電切れにしないために

最近では、太陽電池が様々な商品に応用されるようになりました。そんな中でも最近よく見かけるようになったのが、太陽電池を搭載した電波時計です。
電波時計は、これまでのように手動で時刻を合わせる必要がなく、自動で電波をキャッチして正確な時刻に合わせてくれます。しかも、それに太陽電池の機能がプラスされて、さらに便利になったのです。

 

しかし、太陽電池搭載といっても、それだけでは動かないのでバッテリーも搭載されています。そのバッテリーがなくなれば、時計は止まってしまいます。}PgžxQ
そこで、そのバッテリーを長持ちさせるために、月1回の充電が欠かせません。太陽光が一番効率的に充電できますが、日光でなくても室内の蛍光灯などの明かりでも、長時間置いておけば十分な充電は可能です。

 

それに、直射日光に当てすぎると、太陽電池にはいいのですが、時計本体の方が壊れてしまう可能性もあります。

 

これまでの時計は止まったら電池交換というのが当たり前でした。しかし、太陽電池搭載の時計なら、物にもよりますがメンテナンスをきちんとすれば半永久的に使えるようです。

充電切れで時計が止まってしまわないように、引き出しの中にしまいっぱなしにせずに、室内の蛍光灯の当たるところに保管するのがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。