充電しやすい環境

川

 

 

 

太陽電池を使った電卓は以前からよく知られていましたが、太陽電池は様々な場面で活用されるようになりました。

 

ソーラーパネルを使い、一定料の電力を発電し、家庭での日中の電力をまかない、余剰電料は電力会社に転売できるシステムも登場し、エコな発電方法として注目を浴びています。

 
そんな中、私たちの暮らしに欠かせない、時計も太陽電池を利用した電波時計も登場しています。太陽電池といっても2時電池、いわゆるバッテリーを搭載しており、暗いところではこのバッテリーから電気を供給しているのです。

 

太陽電池システムを搭載した電波時計を効率良く使うには、その充電方法に左右されます。暗いところではもちろん、照明の光のある室内でも充電はされません。そこで、窓辺など日光の当たる明るいところにダイヤルを向けて置いて、充電することをお勧めします。

 

しかし、窓辺などの日光の当たるところに置いても、あまり充電がされなくなることがあります。そんな時は、専門店で見てもらいましょう。それは、二次電池はその使用方法や長期的利用で、容量や充電効率が落ちたりするからです。

 

そこで、特に問題はなくても年に1度は専門店で、分解掃除を行うのがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。