ソーラー電波時計も電池交換が必要?

ソーラー時計と呼ばれているものが普及しています。

 

様々なタイプの時計が用意されていますが、その中でも人気のアイテムには腕時計を挙げることができます。

 

かつてのタイプの腕時計の場合では、定期的に電池交換を必要としているもので、その多くは時計の針が止まってしまうことによって交換作業を依頼することが行われていました。

 

しかし、ソーラータイプの腕時計の場合では、文字盤に設置されているソーラーパネルから太陽光や光を取り入れることによって内部の2次電池へと充電される仕組みになります。

 

そのため、基本的には太陽光等の光に照らすことによって、長い期間を正常な状態に保つことが可能とされています。

 

しかし、ソーラータイプのものであっても、やがては2次電池の交換が必要になるケースもあります。

 

一般的には5年程度の寿命とされている場合もありますが、実際には使用している機種や、使用状況によっても寿命は異なる部分ともされています。

 

腕時計を少しでも長持ちさせて大切に使用することを希望している場合では、ソーラータイプならば、十分に光を取り入れて充電を行うことが必要になりますが、一般的な防水仕様の時計の場合であっても、汗などの水分に注意することも大切になります。

太陽02

 

 

水分は竜頭から内部に入り込む可能性もあるために、小まめに拭き取ることが必要です。

コメントは受け付けていません。