‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

ポリウレタンなどのバンドのお手入れ

2014/05/27

3、4年に一度の分解調査つまり、オーバーホールを行うことはよく知られていますが、案外その他の付属品の点検は怠りがちです。

 

バンドの部分は基本的に直接肌に触れる部分なので、清潔にする必要があります。そのままにしておくと、サビで服の袖を汚したり、腕がかぶれたりすることもあります。

 

水分や汗、汚れはこまめにやわらかい布で拭き取りましょう。隙間の汚れはやわらかい歯ブラシが有効です。海水につけた後は、直接蛇口からではなく、容器に真水をためてから拭き取ってください。また、りゅうずのサビつきを防ぐために、時々りゅうずを回してください。

 

ポリウレタンなど軟質プラスチックでできているバンドは特にお手入れの必要はありませんが、化学製品なので溶剤の使用で変質のおそれがあります。汚れた場合は石けん水で洗うのがいいでしょう。それでも、長年の使用による変色や変形はありますので、その時は、新しいバンドに交換してください。

 

また、金属バンドの場合は、やわらかい歯ブラシなどでの部分洗いをお勧めします。その際に、時計本体に水がかからないように注意して下さい。
革バンドは水分を吸い取るように軽く拭いてください。強くこすると色が落ちたり、ツヤがなくなることがあるので注意して下さい。

革バンドのお手入れ

2014/05/27

–¼Ì–¢Ý’è-2

 

 

太陽光で発電する時計の場合、充電不足や充電切れが起こることはありますが基本的に電池を変える必要がありません。

 

かと言って全く変える必要がないというわけではなく、電池の劣化により充電切れの頻度が上がっていくようになるのでその場合は内臓の太陽電池を交換する必要があります。

 

そういった訳で一般的な時計よりも機械部分の手入れというのは簡単となっています。

 

ですがバンド部分は他の時計と違いがあるわけではなく、革バンドの手入れは必要となってきます。
革バンドの手入れの方法は、一般的な革製品と変わりませんが手首にまくという性質上夏場などは手汗がつきやすく、その汗が革の大敵となっています。

 

なので、夏場や汗かきな方の場合、外すたびに手汗を拭く事心がけましょう。
 

また長期使わない場合、乾燥させると革にひびが入りますし加湿し過ぎるとカビが生えてしまいます。なので、専用の油を塗り適度な湿気がある場所に保管するようにしましょう。
 

革製品全般にいえることですが、一回劣化させてしまうとその後の手直しでそれなりには状態が回復しますが、完璧に回復すると言う事はありません。
なので、劣化しにくい金属バンドに比べて革バンドというのはしっかりと手入れをする必要があります。

金属バンドのお手入れ

2014/05/27

ソーラー時計というものは太陽光発電で電池を充電する仕組みとなっているので、一般的な腕時計とは違い電池交換の必要がありません。しかし全く必要ないかといえばそうではなく、中の二次電池が劣化するので数年、しっかりとしたものや使用頻度によってはであれば十年単位となりますが中の電池を入れ替える必要があります。

 

とは言っても一般的な腕時計と比べると機械部分の手入れが必要ではないのは確かです

 

なので、手入れの中心はバンド部分となってくるのですが、金属バンドの場合は全般的に革バンドよりも手入れが楽な傾向があります。

 

金属バンドの一番の大敵は手汗で、手汗がついたまま放置をするとサビの原因になるのですがそこまできにすることではなく、触って湿り気があるようであればハンカチなどでふくと言った程度で十分です。

 

また長期使わない場合は、機械油でいいのでしっかりと全体に塗布を行い、たれてくる油を軽く拭いた後に使わないハンカチやタオル等にくるんでおけば滅多に錆びることはありません。

 

このように革バンドよりも手入れが楽な傾向があるのですが、一つだけきをつけることがポケットに入れて持ち歩くことで、ポケットの中に入れると金属バンドを止めるピンに過度な負担がかかり折れることがあるので、ハンカチなどを巻きつけることをおすすめします。

バンド部分の日頃のお手入れ

2014/05/27

腕時計のバンド部分の材質は、ほとんどが金属、革、ポリウレタンの3種類になります。バンドは肌に直接密着する部分なので、日常的に汗や脂がつきやすいのですが、こうした汚れはどの材質の場合でも、劣化を早める原因になります。そのため、時計を長く使うためにはバンドの日常的なお手入れがとても大切です。

 

夏場など汗をかいたときはできるだけ早く、柔らかい布で拭き取り、乾かすようにします。特に革バンドは濡れるとその部分がすぐにシミになってしまうため、注意が必要です。また、拭き取るときも強くこすると色落ちしたりツヤが失われたりします。

 

金属、ポリウレタンは濡れには強く、水洗いができます。ただしその場合も、本体部分には水がかからないようにラップで覆うなどしてください。
金属バンドは水分が残るとさびの原因になるので、念入りに乾燥させます。普段のお手入れは、やわらかいブラシ(歯ブラシなど)で隙間のゴミ、汚れをこすり落とすくらいでよいでしょう。

 

いずれの材質も、汚れがこびりついてしまったからといって、ベンジンやシンナー、アルコールなどの有機溶剤は使用してはいけません。革は色落ちやシミになりますし、金属、ポリウレタンは化学変化を起こして劣化の原因になります。汚れがひどくなる前に、こまめに落とすのが、時計をきれいに使う一番の方法です。

 

大地

充電してもソーラー電波時計が動かないときは

2014/05/27

}PgžxQ

 

 

朝になったのに電波時計が動いていないのに気がつきます。

 

光が当たらなかったのだろうかと明るい場所にしばらく置いても動かない。
電波の状態が悪くて受け取らなかったのかと考えて
違う部屋に移動させても動きません。
その場合に一番考えられる原因は、結露です。

 

秘密性のある部屋では、風通しがどうしても良くありません。

 

特にマンションなどの鉄筋コンクリートの建物は気密性が高いのです。
部屋の上部は足元よりも暖かい空気が溜まっています。

 

それに加えて、窓の近くでしたらトラブルは強くなります。
防止するには、部屋の角に時計を取り付けない事です。

 

もっとも、空気が変わりにくいのと、湿気が溜まりやすいのです。

 

電波時計はご存知の通り精密な機械です。

 

一番嫌うのが湿気で小さな回路の中に結露が溜まれば壊れてしまいます。
後から乾かしても、電源がONになっている時は
ショートを起こしてしまっているので、直す事は難しいです。

 

時計を着ける場所は、必ず空気が動く場所にしなければいけません。
そのような場所がない場合でも、部屋の上でなく少し低めに取り付けるだけでも
トラブルは避けられます。

どうしても条件の悪い場合は小まめに換気して結露を避ける事です。

ソーラー電波時計で気を付ける点

2014/05/27

現在では腕時計や掛け時計、そして置時計などの幅広いジャンルで、ソーラー時計というものが開発されています。

 

この時計の特徴としては、従来型の時計と異なって、電池交換を必要としないことが挙げられます。

 

時計を動かす電力に関しては、基本的には太陽光を用いることを前提としています。

 

さらに時計の針が狂うことなく動作することでも知られており、正しい使用方法を守った場合では、長期間にわたって使用することが可能となります。

 

ソーラータイプの時計の場合では、使用するために注意しなければならないことがあります。

 

掛け時計や置時計の場合では、一般的には使用する場所が固定されている傾向にあり、日中には日差しを受けることが可能な場所に設置されていることが多いものです。

 

しかし、腕時計の場合では、省電力で作動させることができますが、例えば机の引き出しの中に長期間にわたって保管している場合や、洋服の袖の中に隠れたままの状態で使用している場合では十分な電力を充電することができなくなる場合があります。

 

この状態を長期間続けてしまうと、時計の針が狂ってしまうばかりか、ケースの内部に使用されているパーツがサビ付いてしまう可能性もあります。

 

万が一の不具合が発生したならば、時計修理の専門店などに依頼することが必要になります。

ソーラー電波時計も電池交換が必要?

2014/05/27

ソーラー時計と呼ばれているものが普及しています。

 

様々なタイプの時計が用意されていますが、その中でも人気のアイテムには腕時計を挙げることができます。

 

かつてのタイプの腕時計の場合では、定期的に電池交換を必要としているもので、その多くは時計の針が止まってしまうことによって交換作業を依頼することが行われていました。

 

しかし、ソーラータイプの腕時計の場合では、文字盤に設置されているソーラーパネルから太陽光や光を取り入れることによって内部の2次電池へと充電される仕組みになります。

 

そのため、基本的には太陽光等の光に照らすことによって、長い期間を正常な状態に保つことが可能とされています。

 

しかし、ソーラータイプのものであっても、やがては2次電池の交換が必要になるケースもあります。

 

一般的には5年程度の寿命とされている場合もありますが、実際には使用している機種や、使用状況によっても寿命は異なる部分ともされています。

 

腕時計を少しでも長持ちさせて大切に使用することを希望している場合では、ソーラータイプならば、十分に光を取り入れて充電を行うことが必要になりますが、一般的な防水仕様の時計の場合であっても、汗などの水分に注意することも大切になります。

太陽02

 

 

水分は竜頭から内部に入り込む可能性もあるために、小まめに拭き取ることが必要です。

充電切れにしないために

2014/05/27

最近では、太陽電池が様々な商品に応用されるようになりました。そんな中でも最近よく見かけるようになったのが、太陽電池を搭載した電波時計です。
電波時計は、これまでのように手動で時刻を合わせる必要がなく、自動で電波をキャッチして正確な時刻に合わせてくれます。しかも、それに太陽電池の機能がプラスされて、さらに便利になったのです。

 

しかし、太陽電池搭載といっても、それだけでは動かないのでバッテリーも搭載されています。そのバッテリーがなくなれば、時計は止まってしまいます。}PgžxQ
そこで、そのバッテリーを長持ちさせるために、月1回の充電が欠かせません。太陽光が一番効率的に充電できますが、日光でなくても室内の蛍光灯などの明かりでも、長時間置いておけば十分な充電は可能です。

 

それに、直射日光に当てすぎると、太陽電池にはいいのですが、時計本体の方が壊れてしまう可能性もあります。

 

これまでの時計は止まったら電池交換というのが当たり前でした。しかし、太陽電池搭載の時計なら、物にもよりますがメンテナンスをきちんとすれば半永久的に使えるようです。

充電切れで時計が止まってしまわないように、引き出しの中にしまいっぱなしにせずに、室内の蛍光灯の当たるところに保管するのがいいでしょう。

充電しやすい環境

2014/05/21

川

 

 

 

太陽電池を使った電卓は以前からよく知られていましたが、太陽電池は様々な場面で活用されるようになりました。

 

ソーラーパネルを使い、一定料の電力を発電し、家庭での日中の電力をまかない、余剰電料は電力会社に転売できるシステムも登場し、エコな発電方法として注目を浴びています。

 
そんな中、私たちの暮らしに欠かせない、時計も太陽電池を利用した電波時計も登場しています。太陽電池といっても2時電池、いわゆるバッテリーを搭載しており、暗いところではこのバッテリーから電気を供給しているのです。

 

太陽電池システムを搭載した電波時計を効率良く使うには、その充電方法に左右されます。暗いところではもちろん、照明の光のある室内でも充電はされません。そこで、窓辺など日光の当たる明るいところにダイヤルを向けて置いて、充電することをお勧めします。

 

しかし、窓辺などの日光の当たるところに置いても、あまり充電がされなくなることがあります。そんな時は、専門店で見てもらいましょう。それは、二次電池はその使用方法や長期的利用で、容量や充電効率が落ちたりするからです。

 

そこで、特に問題はなくても年に1度は専門店で、分解掃除を行うのがいいでしょう。